本文へスキップ

精神障害がある方の地域生活を支援する社会福祉法人絆の会

社会福祉法人絆の会

かがやく当事者(障害のある人)

当事者が そしてだれでもが 輝いていきること!
それが「絆の会」の希(のぞみ)です

      

当事者の会

メンバー会

絆の会では各事業所ごとにメンバーが主体となっているメンバー会が活動を行っており、
  • 行事を企画実行したり
  • 事業所運営に意見を言ったり
  • 当事者代表の絆の会の評議員から評議委員会の報告がなされたり
  • 日々の事業所での問題点について話し合ったり
  • メンバー会便りを発行したり
多様な働きをしています

当事者会「ひまわりの会」

主人公はわたし達 ― ひまわりの会ができました!

絆の会の当事者会「ひまわりの会」が発足しました。
絆の会の各メンバー会からひまわりの会役員が選出され、 自分たちだけで県外まで講師の派遣や打ち合わせに出掛けたり、自主的なホームページで役員会の報告をしたり、ブログに活躍の様子を載せたりもしています。
 誰かから何かをやらされるのではなく「ひまわりの会は自分が主張できる会、自分たちのための会(2016年度前野会長)」と、当事者の会として主体的に活動しています

 ひまわりの会ホームページはこちら(http://himawari-kizuna.org/へリンク)

ひまわりの会発足の経緯

2012年09月21日 当事者会発足の準備のため「なんでもしゃべろう会」開催
2013年06月05日 当事者会発足、三役決定
2013年11月03日 投票により名称が「ひまわりの会」に決定